このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

新着情報

EO水(電解酸性機能水)について、総論

―「口腔機能水ガイドライン」総論―

 

機能水(Functional Water)

 人為的な処理によって再現性のある有用な機能を獲得した水溶液の中、処理と機能に関して科学的根拠が明らかにされたもの及びされようとしているもの。(機能水は日本機能水学会会則の第2条に記されている)

 

電解機能水

 電解水は薄い食塩水や水道水などを弱い直流電圧で電気分解することによって有用な機能を獲得した水溶液である。電解条件によって様々な電解水がつくられる。

 *殺菌性電解水(電解酸性機能水、電解弱酸性機能水、電解微酸性機能水、電解次亜水)

*飲用に用いられる電解水(アルカリイオン水)

 

電解酸性機能水の生成原理

 隔膜によって陽極と陰極に仕切られた有隔膜式電解槽内で濃度0.1%以下の食塩水を電気分解すると、陽極―電解酸性機能水が生成される。

      陰極―電解アルカリ性機能水が生成される。

 

殺菌ポテンシャル

電解酸性機能水はほとんどすべての微生物に対して瞬時で強力な殺菌力をし、電解酸性機能水の有効塩素濃度40ppmは、1.000ppmの次亜塩素酸ナトリウム液に匹敵する殺菌力を有している。しかし、蛋白質などの有機物が存在するとその殺菌力は減弱する。

 電解酸性機能水の一般細菌に対する殺菌効果は次亜塩素酸ナトリウム液より、殺菌スペクトルが大きい。

 

電解酸性機能水の保存性

良好な保存方法は密閉遮光容器の4℃で、30日以内であれば十分使用可能である。

 

電解酸性機能水の殺菌作用の有無の判定

ヨウ化カリウムデンプン反応を使用したテストペーパーADVANTECを用いて確認するとよい。

青に変色―有効な殺菌力あり、白く変色しなければー有効な殺菌力なし。

 

有機物による電解酸性機能水の殺菌力の減少

有機物の存在している口腔知立に使用する際は、流水洗浄あるいはジャブジャブ使用することが大原則である。

 

一般消毒薬との併用効果

電解酸性機能水を使用する場合は他の消毒薬と併用しないで電解酸性機能水のみで使用した方がよい。

 

 

電解酸性機能水による歯の脱灰

エナメル質、象牙質に対する影響はエッチング操作作用よりも歯への脱灰の影響は少ない。

              ↓ 実験結果を総括すると・・

電解酸性機能水を用いて含嗽あるいは洗口を行っても歯質に対する影響は極めて 少ないと考えられる。

 

電解酸性機能水による金属の腐食

金属は酸により酸化され、腐食する。電解酸性機能水はpH2.7以下の強酸である。

口腔内使用金属・・銀合金以外は72時間浸漬実験にも変化がみられない。

歯科用切削器具・・歯科用切削器具は腐食し易いので浸漬時間を必要最小限にすべき。

診療器具・・・・・比較的早い時間に腐食が生じるので浸漬時間は必要最小限にする。

 

 

電解酸性機能水(使用手引きより)

●電解酸性機能水は多くの病原微生物を瞬時に殺すちからがある。

《感染病の原因になる病原菌、ウィルス》エイズ、B型・C型肝炎、ヘルペス、MRSAなど。

《食中毒の原因になる菌》黄色ブドウ球菌、サルモネラ菌、大腸菌O-157など

 

●薬品にはないすぐれた特長・・病原微生物に作用し、人や環境にはやさしい水。

《安全》薬品とちがい薬剤耐性・残留性がなく、人体に無害。

《安心》ヒフ、だ液、血液などの有機物に触れると普通の水に戻る。

《信頼》多くの医療機関、公共施設、有機栽培農家などで普及。

 

●使用上の注意

・使用前に、血液・タンパク質などの汚れを水道水などで十分洗い流す。

・使用する部位に対して「洗い流す」という感じで使う。

・ステンレス製以外の金属への使用は避け、使用後は水道水でよく洗う。

・多少のにおいと酸味がある。

・飲み物ではない。人体には無害だが、飲み込まない。

 

●口の中の使用例

・虫歯の原因菌を抑制。                             ・歯肉炎、歯周病の予防。口内炎の改善。                   

・口臭予防。                                  ・口の中のネバネバ感がなくなる。

・粘膜の消炎、鎮痛効果が期待。                    ・ ・風邪の予防やのどの痛みに。

          

 

  2013/11/20   ふくだ歯科
タグ:EO水

2F東側の診療台を最新の診療台に替えました。

  2013/11/18   ふくだ歯科
タグ:

お財布にやさしいオフィスホワイトニングはじめました。

クリスタル・ブライトニング(歯科医院でおこなうホワイトニング)はじめました。専用ホワイトニング剤を歯に塗り、専用  照射器(パピヨンⅡ)で10分間光をあてます。費用は1回8000円(税別)で上下12前歯まで可能です。また同日2回を行う場合、費用は7000円(税別)です。詳しくはお問い合わせください。 

  2013/08/04   ふくだ歯科

安全な水(中性電解水)を使用しています。〔歯科ユニットウォーターライン除菌装置・ポセイドン〕

 高齢化社会となった現在、医療の現場において日和見感染のリスクを軽減

することは、院内感染予防の観点から重要視されています。近年では、歯科

領域の院内感染においても重要視されるようになり、歯科ユニット給水系の

微生物汚染が注目されています。この微生物汚染は、給水停止時に長時間に

わたり給水チューブ内に滞留した水中で微生物が増殖し、その後形成された

バイオフィルムがチューブに付着することに起因します。歯科切削器具など

から放出される水は、歯科ユニット給水系の水を使用しているため、切削器具

よりバイオフィルムから落屑した微生物が水とともに放出されることが指摘

されています。

  一方、新しい消毒法として中性電解水が注目されています。中性電解水は

次亜塩素酸と次亜塩素酸イオンを含む水溶液です。生体為害性がなく、無味

無臭で金属腐食性も低いとされており、洗口剤として応用が期待されて

います。また排水路環境にも影響が少ないことから、歯科器材・材料の消毒

に用いられています。

当医院ではユニットクリーニング、通称「ユニクリ」を施工し、給水チューブ

内で増殖した微生物の存在するバイオフィルムを完全に除去しました。治療に

用いる全ての水に生体に安全な除菌水(中性電解水)を使用しています。

今まで(浄水器のみ使用)以上に、安心して治療を受けていただけることと

思います。

 

  2013/07/21   ふくだ歯科
タグ:

誤嚥性肺炎について

最近ニュースで「誤嚥性肺炎」という言葉を聞いたことはありませんか?これからの高齢化社会において命に

関わることも多い病気ですので、気を付けて頂けたらと思います。

病気や加齢などにより飲み込む機能や咳をする力が弱くなると、口腔内の細菌等が誤って気管に入りやすく

なります。その時にからだの抵抗力が落ちていると、発症してしまうのが誤嚥性肺炎です。その原因として

多いのは、睡眠中等知らない間に細菌が気管に入ることで引き起こされる不顕性誤嚥です。特に睡眠中に

口腔内で細菌が増殖していると危険です。

誤嚥性肺炎では、悪臭を放つ膿性の痰が出てくることが多く、一般的な細菌性肺炎にみられるような発熱

や咳はあまりともなわないことが多いです。他の症状としては、元気がない、食欲減退といった軽い症状

程度しか出てこないことがあり、肺炎と気付かないこともあります。

予防の2大ポイントは、「口腔の清掃」と「機能回復」です。つまり、歯磨きなどにより口の中を清潔にして

細菌を減らすこと、そして、食べたり飲み込んだりする摂食・嚥下機能を回復させることが大切です。

自分では大丈夫と思っていても、歯周病等の為、知らない間に口腔内で細菌が増殖しているかもしれません。

また、摂食・嚥下機能が知らない内に低下しているかも知れません。不安に思われる方、また身近に不安に

思われている方がいらっしゃれば、一度医療機関に相談されることをお勧めします。 

  2013/07/11   ふくだ歯科
タグ:肺炎

CGF・AFG治療しています。

CGF(Consentrated Growth Factors)・AGF(Autologous Fibrinogen Glue)とは

自己血液フィブリン・フィブリノーゲンのことです。

患者さんから採血した血液を特殊な遠心分離機にかけることにより生成され、

1.手術後の創部の治癒促進します。

2.骨再生の足場となり、骨再生を促進します。

  2013/06/09   ふくだ歯科
タグ:骨再生

AEDを設置しました。

  2012/12/26   ふくだ歯科
タグ:

体にやさしい歯科用CT導入しました

歯科用CT撮影を行うことにより、

・根管治療(歯の根の治療)

・歯周治療

・口腔外科治療(抜歯、インプラント等)

において、より正確な治療が可能となり、よりよい予後が得られると思われます。

病状によっては現在、保険で撮影可能で、費用は通常3,500円ぐらいです。

しかし、極力被ばく線量は低い方が好ましいと思われます。

 

通常、歯科用のCTの被ばく線量は

0.06~0.07mSvですが、当院の歯科用CTの被ばく線量は

0.015~0.03mSvであり、通常のものの1/4~1/3で撮影可能です。

 

mSv(ミリシーベルト):放射線が人に対して、がんや遺伝性影響のリスクをどれくらい与えるのかを

              評価するための単位

 

参考までに放射線被ばく線量について

6.9 mSv ・・・・・・・・・・・・胸部X線CT撮影(医科用1回当たり)

2.4 mSv ・・・・・・・・・・・・一人当たりの年間自然放射線量(世界平均)

2.0 mSv ・・・・・・・・・・・・頭部X線CT撮影(医科用1回当たり)

1.5 mSv ・・・・・・・・・・・・一人当たりの年間自然放射線量(日本平均)

0.6 mSv ・・・・・・・・・・・・胃のX線精密検査(1回当たり)

0.2 mSv ・・・・・・・・・・・・東京-ニューヨーク航空機往復時

0.06~0.07 mSv ・・・・・通常の歯科用CT

0.05 mSv ・・・・・・・・・・・胸のX線集団検診

0.03~0.04 mSv ・・・・・歯科パノラマ撮影(フィルム)

0.02~0.03 mSv ・・・・・歯科デンタル撮影(フィルム)

0.015~0.03 mSv ・・・・当院の歯科用CT

0.003~0.01 mSv ・・・・当院のパノラマ撮影(デジタル)

0.003~0.007 mSv ・・・当院のデンタル撮影(デジタル)

 

パノラマ撮影:お口の中全体を撮影

デンタル撮影:部分的(2~3歯)を撮影

 

上記のように、パノラマ・デンタル撮影においても、従来のフィルムを使用したものに比較すれば1/10~1/4の

被ばく線量で撮影可能です。

 

  2012/07/04   ふくだ歯科

ホームページをリニューアルしました。

H.23.9.14にホームページをリニューアルしました。

  2011/09/18   ふくだ歯科
タグ:お知らせ

「オールセラミッククラウンとポーセレンラミネートべニアの症例」を掲載しました。

「オールセラミッククラウンとポーセレンラミネートべニアの症例」を掲載しました。
詳しくはデンタルホワイトニングのページをご覧ください。

  2011/08/30   ふくだ歯科